MAIL MAGAZINE メールマガジン

2016.06.01

メルマガ(第18号)法律コラム〜薬物事件の刑罰を決めるポイント〜

 

1.法律コラム〜薬物事件の刑罰を決めるポイント〜
  近時,著名な元プロ野球選手が,覚醒剤取締法違反で起訴されるという事件がありました・・・

◇――――――――――――――◇
弁護士法人中村綜合法律事務所
中村事務所メールマガジン
第18号◆2016.6.1
http://n-law.or.jp/
◇――――――――――――――◇
 
初夏の候,お健やかにお過ごしのこととお慶び申し上げます。
メールマガジン6月号を配信しますので,ご一読いただければ幸いです(弁護士中村雅男)。
 
□目次□
1.法律コラム〜薬物事件の刑罰を決めるポイント〜
 
◆――――――――――――――――――――――
1.法律コラム〜薬物事件の刑罰を決めるポイント〜
◆――――――――――――――――――――――
近時,著名な元プロ野球選手が,覚醒剤取締法違反で起訴されるという事件がありました。
その際,この元プロ野球選手の友人(この友人も同じく著名な元プロ野球選手である友人)が弁護側証人として裁判所で証言したため,このこともニュースになりました。そこで,今回はこの点についてコメントしたいと思います。
覚醒剤取締法違反の事件で,量刑判断のための重要な要素(罪の重さを決めるための要素)に,被告人の再犯の可能性の有無(被告人が再び薬物に手を染めるか否か)があります。
そのため,弁護側は,被告人の家族など,被告人が再犯に及ばないように被告人の生活を監督できる立場の人物(被告人の家族など,被告人と生活を共にする人物)を証人とするのが一般的です。
このような観点からすると,この友人が元プロ野球選手の私生活を監督することは難しいでしょうから,この友人が証人として適切であったかどうかについては,議論があるところでしょう。
ただ,少なくとも,親しい友人が法廷で証言してくれる姿を見ることで,元プロ野球選手が深く反省するという効果はあると思われます。
 
■本メール中の文章は,全て一般的な情報提供のために掲載するものであり,法的もしくは,専門的なアドバイスを目的とするものではありません。
 
■本メールマガジンは,当事務所と個人顧問契約を締結したことのある方に近況報告や情報提供のためにお送りしております。ご不要の方は,大変お手数ですが空メールをご返信ください。
 
■上記以外の,法律相談などを上記アドレスにご返信いただいても,一切対応できません。
 
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━
弁護士法人中村綜合法律事務所
お問合せメール:info@n-law.or.jp
◆東京本部
〒102-0083
東京都千代田区麹町四丁目8番地
麹町クリスタルシティ9階
電話03-3511-5611
FAX03-3511-5612
◆小千谷支部
〒947-0028
新潟県小千谷市城内二丁目10番31号
城川ビル306号
電話0258-81-1321
FAX0258-81-1322
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━