MAIL MAGAZINE メールマガジン

2016.08.26

メルマガ(第21号)法律コラム〜保釈について〜

 

1.法律コラム〜保釈について〜
 著名な芸能人などが刑事事件で逮捕・起訴された後に,警察署から出てきて,マスコミなどに向かって謝罪をする場面をテレビなどで見ることがあります。これは,被告人が「保釈」された場面を捉えたものです・・・

◇――――――――――――――◇
弁護士法人中村綜合法律事務所
中村事務所メールマガジン
第21号◆2016.9.1
http://n-law.or.jp/
◇――――――――――――――◇
 
残暑の候,お健やかにお過ごしのこととお慶び申し上げます。今年の夏は,リオオリンピックにて日本人選手が史上最多のメダルを獲得し,大いに盛り上がりました。パラリンピックでも日本人選手の活躍に期待したいと思います。
メールマガジン9月号を配信しますので,ご一読いただければ幸いです(弁護士中村雅男)。
 
□目次□
1.法律コラム〜保釈について〜
 
◆――――――――――――――――――――――
1.法律コラム〜保釈について〜
◆――――――――――――――――――――――
著名な芸能人などが刑事事件で逮捕・起訴された後に,警察署から出てきて,マスコミなどに向かって謝罪をする場面をテレビなどで見ることがあります。
これは,被告人が「保釈」された場面を捉えたものです。
この保釈とは,身柄を拘束されていた被告人が,保釈保証金(保釈金)を国に納めたことを条件に身柄を解放される制度です。
保釈保証金としては150万円以上という高額の金銭を納めることが一般的なのですが,被告人が逃亡等をしなければ,仮に有罪判決となったとしても,納めた保釈保証金は判決後に返還されます。
なお,保釈にあたっては,被告人を監督してくれるような立場の人物(両親など)に身元引受人になってもらう必要もあります。
いずれにせよ,警察署などで身柄を拘束されている状態は被告人の心身に与える影響も大きいので,刑事弁護において,保釈は非常に重要な制度です。
ただし,保釈は,起訴された後でなければできませんし,保釈保証金を準備できるから必ず保釈が認められるというわけではないことに注意する必要があります。
 
■本メール中の文章は,全て一般的な情報提供のために掲載するものであり,法的もしくは,専門的なアドバイスを目的とするものではありません。
 
■本メールマガジンは,当事務所と個人顧問契約を締結したことのある方に近況報告や情報提供のためにお送りしております。ご不要の方は,大変お手数ですが空メールをご返信ください。
 
■上記以外の,法律相談などを上記アドレスにご返信いただいても,一切対応できません。
 
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━
弁護士法人中村綜合法律事務所
お問合せメール:info@n-law.or.jp
◆東京本部
〒102-0083
東京都千代田区麹町四丁目8番地
麹町クリスタルシティ9階
電話03-3511-5611
FAX03-3511-5612
◆小千谷支部
〒947-0028
新潟県小千谷市城内二丁目10番31号
城川ビル306号
電話0258-81-1321
FAX0258-81-1322
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━