MAIL MAGAZINE メールマガジン

2017.06.01

メルマガ(第31号)法律コラム〜2017年5月30日、改正個人情報保護法が施行されました〜

 

1.法律コラム〜2017年5月30日、改正個人情報保護法が施行されました
  2017年5月30日、改正個人情報保護法が施行されました。個人情報保護法は・・・
2.併設信託会社のセミナー満員大盛況
3.事務所セミナーのご案内
4.事務所ホームページリニューアルのお知らせ

◇――――――――――――――◇
弁護士法人中村綜合法律事務所
中村事務所メールマガジン
第31号◆2017.6.1
http://n-law.or.jp/
◇――――――――――――――◇
 
向暑の候、お健やかにお過ごしのこととお慶び申し上げます。
メールマガジン6月号を配信しますので、ご一読いただければ幸いです(弁護士中村雅男)。
 
□目次□
1.法律コラム〜2017年5月30日、改正個人情報保護法が施行されました
2.併設信託会社のセミナー満員大盛況
3.事務所セミナーのご案内
4.事務所ホームページリニューアルのお知らせ
 
◆―――――――――――――――――――――――――――――――――
1.法律コラム〜2017年5月30日、改正個人情報保護法が施行されました
◆―――――――――――――――――――――――――――――――――
2017年5月30日、改正個人情報保護法が施行されました。
個人情報保護法は、個人の権利・利益の保護と個人情報の有用性とのバランスを図ることを目的に、基本理念を定め、民間事業者の個人情報の取り扱いについて規定する法律として、2003年5月23日に成立し、2005年4月1日に全面施行されました。
今回の改正では、近年、高度情報通信社会の急速な進展に伴い個人情報の利用が著しく拡大しているという現状に照らし、個人の権利・利益を守りつつ、個人情報をより有効適切に利活用するための規定が整備されました。
まず、改正法では「個人情報」として、身体的特徴が対象になることを示すなど、定義をより一層明確化することで概念の整理がなされました。
次に、個人の権利・利益をより保護するための改正ポイントとしては、①要配慮個人情報(いわゆる機微情報)に関する規定の整備、②個人データを第三者に提供する際の規制の強化、③個人情報データベース提供罪の新設、④取り扱う個人情報が5000人以下の事業者を個人情報保護法の規制の対象外とする制度の廃止、⑤個人データの廃棄についての努力義務規定の新設等が挙げられます。
他方、個人情報をより有効適切に利活用するための改正としては、①匿名加工情報(特定個人を識別することができないように個人情報を加工した情報)の利活用の規定の新設、②個人情報の利用目的規制の緩和等が挙げられます。
また、改正前は各分野の主務大臣に委ねられていた民間事業者に対する監督権限は、個人情報保護委員会に一元化されました。
上記改正は企業活動にも、個人の生活にも大きな影響を及ぼすと思われます。
次号メルマガからは数回にわたり、各改正のポイントについてより詳しく解説していく予定です。
 
◆―――――――――――――――――――――――――――――――――
2.信託セミナーが満員大盛況
◆―――――――――――――――――――――――――――――――――
2017年5月9日に、株式会社タクトコンサルティング主催の「“商事信託”(信託契約代理業)取り扱い開始記念タクトセミナー」が、明治安田生命ビルMYPLAZAホールにて開催されました。
これは、株式会社タクトコンサルティングが、当事務所に併設された信託会社「ほがらか信託株式会社」の信託商品を取り扱う信託契約代理店となったことを記念したものです。
第1部で家族信託の第一人者であられる遠藤英嗣弁護士による基調講演に続き、第2部で当事務所の代表でほがらか信託株式会社代表取締役社長である中村雅男より会社案内や信託商品についての紹介がなされました。
続く第3部ではパネルディスカッション「相続・事業承継対策における最適な信託設計を考える〜民事信託/商事信託どちらを選ぶか〜」が行われました。
このパネルディスカッションには、当事務所所属弁護士の金森健一が参加し、ほがらか信託株式会社でお取り扱いした信託の実例や、民事信託から商事信託への切替えを可能とする新しいサービス等が分かりやすく紹介されました。
主催者によりますと、当日の会場は超満員となり、信託に対する関心の高さが伺えました。一般の方はもちろん、税理士や弁護士、司法書士のほか、金融機関やハウスメーカー関係者も多数参加されていたようです。
ほがらか信託株式会社は、高齢者向けのオーダーメイドの信託にこだわる日本屈指の信託会社です。資産管理や事業承継、相続対策のお悩みはぜひ同社へご相談ください。
 
◆――――――――――――――――――――――
3.事務所セミナーのご案内
◆――――――――――――――――――――――
このたび、当事務所の榎本久司弁護士が、「雇用ルールを守るための非正規労働者対応」をテーマに、セミナーを開催する運びとなりました。
近年、非正規労働者の増加が社会問題となり、労働関係法規において、重要な改正も行われております。このため、雇用関係における法的リスクを正しく認識し、対応することが必要不可欠です。
セミナーでは、非正規労働に関する規制や必要な対応について、丁寧かつ分かりやすい説明をいたしますので、ご期待ください。
このセミナーは、主に当事務所の顧問先企業様向けの企画ではありますが、メルマガ読者の皆様にも特別にご案内をしております。参加をご希望の方は、お名前、ご住所、電話番号、参加希望回を明記の上、FAX(03-3511-5612)にてお申し込み下さい。
労働問題にご興味をお持ちの方はもちろん、人事・労務関係のお仕事に従事している方にもご満足いただける内容と自負しております。どうぞ奮ってご参加下さい。
【日程とセミナーのテーマ】
2017年7月21日(金)「雇用ルールを守るための非正規労働者対応」
【時間】
18時〜20時(20時より、自由参加の懇親会を実施いたします。)
【場所】
弁護士法人中村綜合法律事務所
【参加費】
2000円(懇親会費別途3000円)
 
◆――――――――――――――――――――――
4.事務所ホームページリニューアルのお知らせ
◆――――――――――――――――――――――
このたび、当事務所のホームページをリニューアルいたしました
パソコンからはこちら:http://www.n-law.or.jp/
スマートホンからはこちら:http://n-law.or.jp/
弁護士による法律問題に関するコラム、所属弁護士の紹介、ご相談の流れや分かりやすい弁護士費用の提示など、従来以上に充実した内容になっております。どうぞご高覧ください。
 
■本メール中の文章は、全て一般的な情報提供のために掲載するものであり、法的もしくは、専門的なアドバイスを目的とするものではありません。
■本メールマガジンは、当事務所と個人顧問契約を締結したことのある方に近況報告や情報提供のためにお送りしております。ご不要の方は、大変お手数ですが空メールをご返信ください。
■上記以外の、法律相談などを本メールにご返信いただいても、一切対応いたしかねます。
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━
弁護士法人中村綜合法律事務所
お問合せメール:info@n-law.or.jp
〒102-0083
東京都千代田区麹町四丁目8番地
麹町クリスタルシティ9階
電話03-3511-5611
FAX03-3511-5612
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━