MAIL MAGAZINE メールマガジン

2017.09.01

メルマガ(第34号)法律コラム〜改正個人情報保護法のポイント解説②:いわゆる「5000人要件」の廃止について

 

当事務所では7月のセミナーに続き、9月、11月にも労働問題をテーマにセミナーを予定しております。セミナーでは、労働問題に精通した当事務所所属の榎本弁護士が、企業経営上特に重要な問題について丁寧かつ分かりやすくご説明をいたします。
このセミナーは主に当事務所の顧問先企業様向けの企画ではありますが、メルマガ読者の皆様にも特別にご案内をしております。参加をご希望の方は、電話(03-3511-5611)、または、お名前、ご住所、電話番号、参加希望回を明記の上、FAX(03-3511-5612)にてお申し込み下さい。
労働問題にご興味をお持ちの方はもちろん、人事・労務関係のお仕事に従事している方にもご満足いただける内容と自負しております。

□ 目 次 □
1. 法律コラム〜改正個人情報保護法のポイント解説②:いわゆる「5000人要件」の廃止について
2. 事務所セミナーのご案内
3. 麹町グルメのご紹介

◆―――――――――――――――――――――――――――――――――
1.法律コラム〜改正個人情報保護法のポイント解説②:いわゆる「5000人要件」の廃止について
◆―――――――――――――――――――――――――――――――――
 2017年5月30日、改正個人情報保護法が施行されました。そこで、当メルマガでは数回にわたり、改正の重要なポイントを解説していきます。
今回は、数ある改正点の中でももっとも社会に対する影響が大きいと思われる小規模事業者の適用除外の見直し-いわゆる「5000人要件」の廃止についてご説明します。
 個人情報保護法では、民間事業者で、かつ、個人情報を検索できるように体系的に構成して事業活動に利用している者(「個人情報取扱事業者」といいます。)が義務の主体となります。
 改正前の個人情報保護法では、取り扱う個人情報の数が少ない小規模事業者(過去6か月以内の取扱いが5000人分以下であることが要件であることから「5000人要件」とも言われます。)については、個人情報の取扱いにより個人の権利利益を侵害するおそれが少ないことを理由に、個人情報保護法の義務について適用除外とされていました。
 ところが、2003年の法制定以来、情報通信技術はめざましい発展を遂げ、個人情報の発信・受信はより簡便になり、漏えい、拡散の危険も高まりました。このことから、5000人分以下の情報の取扱いであっても、その漏えい等により個人の権利利益を侵害するおそれは十分にあるとして、小規模事業者の適用除外は廃止されるに至りました。
 この改正により、従来は個人情報保護法の適用対象外だった小さな個人商店や同窓会、小規模な診療所なども、その取り扱う個人情報の数にかかわらず、個人情報取扱事業者として法の定める義務を負うことになりました。
 もっとも、大企業と同様の義務を負うとすると、小規模事業者には過重な負担となり、必要以上に経営が萎縮してしまうという弊害も考えられます。
 そこで、個人情報保護法の「附則」ではこのような小規模事業者に対する配慮を定めました。「附則」を踏まえ、個人情報保護制度全般の企画・監督を担う個人情報保護委員会は「ガイドライン」を作成し、小規模事業者が個人情報保護のためにとるべき「安全管理措置」の手法例とヒントを示しています。ガイドラインは個人情報保護委員会のホームページで公開されていますので、参考されると良いでしょう。
※民法改正についての法律コラムは、今号はお休みとさせていただきます。
 
◆――――――――――――――――――――――
2.事務所セミナーのご案内
◆――――――――――――――――――――――
当事務所では7月のセミナーに続き、9月、11月にも労働問題をテーマにセミナーを予定しております。セミナーでは、労働問題に精通した当事務所所属の榎本弁護士が、企業経営上特に重要な問題について丁寧かつ分かりやすくご説明をいたします。
このセミナーは主に当事務所の顧問先企業様向けの企画ではありますが、メルマガ読者の皆様にも特別にご案内をしております。参加をご希望の方は、電話(03-3511-5611)、または、お名前、ご住所、電話番号、参加希望回を明記の上、FAX(03-3511-5612)にてお申し込み下さい。
労働問題にご興味をお持ちの方はもちろん、人事・労務関係のお仕事に従事している方にもご満足いただける内容と自負しております。どうぞ奮ってご参加下さい。
【今後の日程とセミナーのテーマ】
2017年9月22日(金)「退職・解雇トラブルの解決方法と予防策」
2017年11月10日(金)「人財定着を促進するための長時間労働対応」
【時間】
各回とも18時〜20時(20時より、自由参加の懇親会を実施いたします。)
【場所】
弁護士法人中村綜合法律事務所
【参加費】
1回につき2000円(懇親会費別途3000円)
 
◆――――――――――――――――――――――
3.「麹町グルメ」のご紹介
◆――――――――――――――――――――――
 当事務所は何度かの移転を経て、現在、東京都千代田区麹町に事務所を置いております。周辺は落ち着いた雰囲気のオフィス街ですが、江戸時代には一大商業地として繁栄した歴史ある麹町、飲食店に関しては和食にフレンチ、イタリアン、中華、エスニック、ラーメン、お寿司、カフェ、老舗からカジュアルまで、バラエティに富んだ数多くの美味しいお店があります。
 今月号から、当事務所の弁護士、事務局スタッフおすすめの美味しいお店をメルマガ読者の皆様にご紹介いたします。当事務所へご来所の際には、ちょっと寄り道して麹町グルメを楽しまれてはいかがでしょうか。
 まずは美味しい江戸前の鰻で厳しい残暑を元気に乗り切っていただきたく、日テレ通りを挟んで、当事務所が入居する麹町クリスタルシティの向かいにある老舗の鰻屋さん「秋本」をご紹介いたします。
 丁寧に蒸して、焼いた国産鰻の蒲焼きはふっくらと香ばしく、創業以来100年以上受け継がれてきたという濃厚で少し甘めの秘伝のタレとの相性も抜群です。
 店構えは数寄屋造りの日本家屋でいかにも老舗という感じですが、店内は気取った高級店というよりは活気のある町の鰻屋さんという雰囲気で、お昼時は開店の11時半前にお店の前に何人もの方が並んでいるという地元の人気店です。
新宿通り沿い、麹町4丁目信号そばのセブン・イレブンがある角を曲がって日テレ通りに入り、市ヶ谷方面に向かって坂を少し下ると、趣のある日本家屋が見えます(東京メトロ有楽町線麹町駅3番出口を出て、右方向へ50メートル程度)。ひょうたんの絵柄をあしらった看板がお店の目印です。どうぞお立ち寄り下さい。