MAIL MAGAZINE メールマガジン

2018.01.05

メルマガ(第38号)新年のご挨拶~弁護士法人中村綜合法律事務所代表社員弁護士 中村雅男

 

謹賀新年
皆様におかれましては、お健やかに新年をお迎えのこととお慶び申し上げます。
中村綜合法律事務所メールマガジン1月号(第38号)を配信いたしますので、ご一読いただければ幸いです(2018.1.5弁護士 中村雅男)

□ 目 次 □
1.新年のご挨拶~弁護士法人中村綜合法律事務所代表社員弁護士 中村雅男
2.入所のご挨拶~弁護士 渡辺知子
3.麹町グルメのご紹介④
 
◆―――――――――――――――――――――――――――――――――
1.新年のご挨拶~弁護士法人中村綜合法律事務所代表社員弁護士 中村雅男
◆―――――――――――――――――――――――――――――――――
 明けましておめでとうございます。
 旧年中は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。
 本年が皆様にとりまして明るく希望に満ちた、素晴らしい1年になりますよう、心よりご祈念申し上げます。
 さて、平成も30年という節目の年を迎えました。
 この30年の科学技術の発展はめざましく、特にインターネットの普及は人々の生活スタイルや考え方に大きな変化をもたらしました。また、近年ではAI(人工知能)の研究が進み、人間の知能を超えるAIも登場しています。少子高齢化に伴い、色々な分野でのロボット化も拡大しています。
 このような科学技術の進歩は人々の生活をより便利で豊かにする半面、かつては考えられなかったような新しいタイプの紛争や法的リスクを生み出す可能性もあります。弁護士や法律事務所の職員にも、未知の分野の紛争に対する一層のチャレンジ精神と創意工夫が求められる時代になりました。
 他方で、どのようなタイプの紛争であっても、それが人の心の悩みに直結する以上、依頼者の方に寄り添い、共感することなしに真の問題解決が有り得ないことは、どのような時代にあっても変わらずにいえることではないでしょうか。
 当事務所では、17名の弁護士と8名の事務局職員、計25名の所員が日々の業務を遂行しております。それぞれに得意分野があり個性豊かなメンバーですが、25名を結びつけているのは「プロフェッショナルとして法的サービスを提供し、紛争を予防・解決することを通じて、依頼者の皆様の新たな幸せや満足を生み出すお手伝いをする。」という理念です。
 本年は新年を迎えるにあたり、弁護士と事務局職員全員が、当事務所の目指す理念を改めて共有する機会を持ちました。
これからも、所員全員がそれぞれの個性や能力を最大限に発揮しつつ、情熱と謙虚さをもって、ひとつひとつのご依頼にいっそう真摯に取り組んでまいります。
本年も変わらぬお引き立てのほど、どうぞ宜しくお願い申し上げます。
◆――――――――――――――――――――――
2.入所のご挨拶~弁護士 渡辺知子
◆――――――――――――――――――――――
 平成29年12月1日付で、当事務所に渡辺知子弁護士が入所いたしました。
どうぞよろしくお願いいたします。
【入所のご挨拶】
このたび当事務所に入所いたしました、渡辺知子と申します。
私は、平成28年12月に弁護士登録をいたしました。現在、弁護士となってから、ちょうど2年目に入ったところです。
 私は、大学ではフランス語を専攻し、大学卒業後はファッション関係の仕事に従事しておりました。その後、法科大学院制度がスタートし、法学部以外の他学部出身者や社会人経験者にも広く法曹への門戸が開かれたことから、法科大学院に入学し、猛勉強の末無事に司法試験に合格し、弁護士となりました。
 この約1年間弁護士として仕事をするなかで、非常にやりがいを感じるとともに、大変責任の重い仕事であることを痛感しております。今後も、より一層研鑽を積んで、依頼者の方々のお役にたてるよう精一杯努力して参りたいと存じます。また、これまで得た幅広い経験を生かして、依頼者の方々に親身に寄り添うことができるよう、一つ一つの案件に真摯に対応させていただくことを心がけてまいります。
少し個人的なお話をさせていただきますと、趣味は読書、旅行、写真です。
読書は純文学からミステリーなど、幅広く読んでおります。旅行では、最近は沖縄を訪れることを特に楽しみにしております。
また、休日は家事をしたり、家族とゆっくりと過ごすことが多いのですが、日々緊張を強いられる弁護士業務を行っていますと、このような何気ない時間がとても貴重なものに感じられます。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。
◆――――――――――――――――――――――
3.麹町グルメのご紹介④
◆――――――――――――――――――――――
 今回は当事務所から徒歩3分ほどの場所にある「オステリア銀白」をご紹介いたします。
欧風料理のお店になりますが、木材を多く使った温かみのある店内はどことなく和の雰囲気も漂い、大きな窓からは真冬でも明るい日差しが降り注ぎ気持ちがいいです。
ランチにはパスタやグラタン、ドリアなどの定番料理の他、ハンガリー風のチキンの煮込み、パン包み焼きのセットなどがあります。パン包み焼きの中身は2~3種類から選べるようになっており、今の季節ですと牡蠣とほうれん草が人気のようです。私も牡蠣とほうれん草のパン包み焼きをいただきましたが、ふっくらと大粒の牡蠣がクリームのソースによくなじんでとても美味しかったです。
また、こちらのお店では北海道から直送される富良野産の野菜を使うなど食材にもこだわっており、ランチセットにも新鮮な野菜がたっぷり使われたサラダが付いて大満足でした。
場所は当事務所の入っているビルの斜め向かいにあるドラッグストア「一本堂」そばの短い横断歩道を渡ってすぐに右折し、道なりに進んで一つ目の信号の手前にあるビルの2階、当事務所から徒歩3分程度です。
明るく落ち着いた店内で、ゆっくりと体が温まるランチを取りたいときにはおすすめのお店です。
※「裁判傍聴のすすめ」のコラムは、今月号はお休みとさせていただきます。