NEWS RELEASE ニュースリリース

2017.07.21

セミナー「雇用ルールを守るための非正規労働者対応」を開催しました

 

平成29721日(金)、当事務所において顧問先企業様を対象に「雇用ルールを守るための非正規労働者対応」をテーマにセミナーを開催いたしました。

平成29721日(金)、当事務所において顧問先企業様を対象に「雇用ルールを守るための非正規労働者対応」をテーマにセミナーを開催いたしました。

セミナーでは当事務所所属の榎本久司弁護士が、いわゆる無期転換ルール及び無期転換ルールに対応するための就業規則の見直し・整備等について、実務でポイントとなる点を指摘しつつ、ご説明しました。

 無期転換ルールとは、労働契約法の改正により平成254月から導入された制度で、有期労働契約が反復更新されて通算5年を超えたときには、労働者の申込みにより使用者は有期労働契約を無期労働契約に転換しなければならない、というものです。企業経営及び人事・労務管理に大きな影響を与える新しいルールということで、参加者の皆様は熱心に耳を傾けていらっしゃいました。