事業継承のステップ

事業承継を円滑に進めるためには、次のステップを経ることが重要とされています。

ステップ1:事業承継に向けた準備の必要性の認識

事業承継に向けた早期・計画的な準備に着手するには、まずは事業承継に向けた準備の必要性・重要性をしっかりと認識することが必要です。
 


ステップ2:経営状況・経営課題等の把握(見える化)

経営状況や経営課題、経営資源等を見える化し、企業の現状を正確に把握します。その際、会計要領等のツール(中小会計要領・ローカルベンチマーク・知的資産経営報告書等)を活用することが考えられます。
 


ステップ3:事業承継に向けた経営改善(磨き上げ)

現経営者が将来の事業承継を見据え、本業の競争力強化等の経営改善を行うことで、後継者が後を継ぎたくなるような経営状態への引き上げを図ります。
 


ステップ4-1:事業承継計画策定(親族内・従業員承継)

親族内・従業員承継の場合、事業計画を踏まえ、株式等の事業用資産や代表権の承継時期を記載した事業承継計画を後継者などとともに策定します。
 


ステップ4-2:マッチング実施(社外への引継ぎ)

後継者不在等のため、親族や従業員以外の第三者に事業引継ぎを行う場合、売り手は買い手とのマッチングを実施します。
 


ステップ5:事業承継・M&A等の実行

上記ステップを踏まえて、株式・事業用財産や経営権の移譲を実行していきます。
 


ポスト事業承継:

事業承継を機に、後継者が新たな視点をもって従来の事業の見直しを行い、新たな成長ステージに入ることが期待されます。