麹町弁護士による企業法律相談

運営:中村綜合法律事務所(東京弁護士会所属)麹町駅直結

 

  03-3511-5611
受付時間9時~18時

「突然、大家から賃料を値上げすると言われた」
「賃貸借契約が終了した後に、思いもしていなかった修繕費用を求められた」
「賃料の支払がもう何ヶ月も滞っている借主がいる」
 
不動産の賃貸借契約は、不動産の売買取引と比較すれば取引金額が少ないものですが、居住や事業の場を確保するための重要な契約であり、生活やビジネスなどの基礎となるものです。たとえば、ある建物を事務所として借りていたのに、突如、出て行ってくれと言われれば、借主としては大変困った事態となってしまいます。一方で、貸主としても、土地建物の価格の上下などの経済事情の変動などを始めとした契約後の事情によって、どうしても契約内容の変更や契約の終了をしなければならないことも考えられます。
更新することも考えれば、契約期間が長期間にわたることも多いです。不動産の賃貸借契約において貸主と借主がそれぞれ負う義務は小さいものではありません。借主は賃料を支払う義務を負いますし、契約内容にもよりますが、基本的に、貸主は不動産の使用に支障が出るような場合に修繕等の義務を負います。貸主と借主が良好な関係を続けている間はよいですが、どちらかが契約に基づく義務を怠ったり、契約内容を変更したい、契約を終了させたいと思った場合など関係に変化が見られる場合、大きな争いとなることも決して珍しくありません。
不動産の賃貸借契約を結ぶに当たって、契約条件の確認をおろそかにしてしまうと、貸主・借主それぞれにとって多大な不利益を被るおそれがあります。
 
不動産の賃貸借契約におけるトラブルをできる限り防ぐためには、内容をしっかりと理解した上で、契約を結ぶ必要があります。トラブルを未然に回避するためには、賃料や期間など賃貸借契約の基礎的な内容をよく確認することはもちろん、それ以外の重要な条件についても法的な知識に基づいて契約書を作成した方がよいでしょう。
 
万が一、賃料の改定、契約期間満了時に発生する契約の手続きや解約の申し入れ、敷金の返還など、賃貸借契約に関する問題が実際に起こってしまった場合には、適切な対応を取る必要があります。これらの判断を適切に行うためには、法律的な知識を要することが極めて多いでしょう。
 
弁護士に依頼をすることで、契約書の作成から条項の確認、条件の調整など、トラブルを未然に防ぐためのアドバイスを受けることができます。また、万が一トラブルが発生した際にも、相手側との交渉や利害関係の調整を代理で行うことが可能です。
 
不動産の賃貸借契約に関するトラブルに適切に対処するためには、法的知識が必要となることが多く、弁護士にご相談なさることをおすすめいたします。不動産の賃貸借契約に関して、当事務所までお気軽にご相談ください。